男の子の育て方!私が子育てアドバイスに従ってみて分かったこと

女の子より男の子の方が育てにくいです。なぜなら、一姫二太郎って言葉は育児に不慣れな第一子は女の子がいいっていう意味だからです。面倒臭がりで、成長が遅くて、いっつも危ないことばっかりして、やんちゃでママ大好きだけど、そんな男の子供は私も好きだよ!

カテゴリ: 男の子の育て方ってこんな感じ

ママが見つけた男の子の法則4

一目おく。

それから、友だちになる。

男の子の友だち付き合いはあっさりしていていいなあ、と思っていた。

下の娘のことでは「女ってややっこしい!」と何度も思っていた。

娘は4歳の時には、「友だちとおそろいじゃなくちゃイヤ!」とヘアゴムのことで大騒ぎした。

幼稚園ではもう仲良しグループができ、一緒にトイレに行くという。

その点、男の子はいい。

グループを作らない。

幼い頃のトラブルは、オモチャを取った取られた、噛んだ、ぶったという単純なもの。

小学生になると、遊ぶ友だちは目的別。

今日は野球をしたい友だちがここに集まる。

ゲームをする時はだれとだれが集まるという具合だ。

しかし、「男の子は人間関係は楽だ」なんて言っていられたのは、小学3年生の時までだった。

じつは男の子の人間関係もやっぱりたいへんだった。

そこには、男の子ならではのルールがあった。

「からかわれる」試練

ユウタの表情が暗いなと気づいたのと、「通学の時、リクくんたちに突っつかれていたわよ」と近所のママが教えてくれたのは、ほぼ同時だった。

ユウタとリクくんは幼稚園からの友だちで、サッカーチーム仲間だ。

4月生まれのユウタは身体が大きくしっかりしているのでリーダー的な存在。

一方、ひ弱なリクくんはユウタの後をついてまわっていた。

ところがユウタは運動神経がにぶい。

仲間はサッカーが上達しているのに、ユウタは取り残された。

そうなると、男の子は残酷だ。

サッカー仲間が、何かというとユウタをからかい始めた。

イジメているのではない。

ふざけてからかう。

だから、ユウタも一緒に笑っている。

でも無理して笑っている。

辛そうだ。

こんな時、親はどうしたらいいのだろう。

パパは「ユウタが自分で強くなるしかないんだ」と言う。

わたしにはそうは思えない。

ユウタがかわいそうでならず、何かできることはないかと焦るばかりだった。

でも、パパがユウタに「最近、サッカーはどうだ」とさり気なく話しかけると、驚いたことに本人がポッポッと、仲間から取り残されていることを話し出したのだ。

するとパパは「よし、では基礎トレーニングをしよう。休日は一緒にランニングだ」と宣言。

パパすごい!

こうして2人のランニングが始まった。

男の子が変わる時

ユウタが変わり始めたのは2~3カ月後だ。

サッカーが上達したわけではない。

彼はどうやら「努力している自分」が好きになってきたのだ。

努力している自分に酔っている。

パパに言わせると「オレもレギュラーになれないのに、クラブは続けたから。血筋でしょ」だって。

ともあれ、表情も明るくなって、練習に元気に出かけていく。

サッカー仲間は、相変わらず、からかったりからかわれたりしているが、ユウタの表情は屈託がない。

ユウタは、ひとまわり大きくなった。

自分のいいところを見つけて、それを自信につなげるようになったのだ。

友だちとの関係も変わり始めた。

「リクはからだが小さいけれど頭がいいから、パスまわしがうまい」なんて生意気なこと言い始めた。

以前は、リクくんの長所を見ようとしていなかった。

リクくんも「ユウタは根性がある」とママに言っているらしい。

おたがいに一目おく友だちになったのだ。

男の子たちを見ていると、彼らはいつどんな時も「ボクが一番さ」と競い合っている。

どっちが早い?

どっちが強い?

どっちが大きい?に始まり、こんなこと知ってるか(ヒーローもの)、牛乳早飲み(休んだ子の分をもらえる)まで、いろんな場面で、びっくりするほど競い合う。

その上で、自分のポジションを確認して関係を作っていく。

一番になれないことは試練だ。

でも、これがだめでもあれなら一番、というものを何とか見つける。

そして「オレって結構いいじゃん」という自信をつけて成長していく。

だから、友だちづくりは、一目おく、おかれるという関係がポイントになる。

オレはこれがいいとこ。

君はこれがいいとこ。

その上で、おたがいがんばろう、という感じだ。

自分に自信がないと、この関係は作りにくい。

一番だろうとビリだろうと人間の価値は関係ないが、それが理解できるのはまだ先のことだ。

競って勝つ必要がある男の子には、親がいいところをたくさん探し出して「すごいね」と認めることが必要なんだと思う。

え?

いいところがない時はどうするかって?

「ママとパパにはあなたが一番!」と伝え続ける。

これしかない!

ママが見つけた男の子の法則1


寒くても着ない。


ぬれてもささない。


いろんなことがめんどくさい。

男の子のなぞを解く、最初のキーワードは「めんどくさい」だ。

「なんで男の子ってこうなの!?」と話していくと、最後にはこの言葉にいきつくことが多い。


たとえばわが家のタクミ。


彼はボタンのあるシャツは絶対に着ない。


着るのはTシャツ、その上にはおるのはトレーナーと決まっている。


それなら着るのも簡単だ。


脱ぐ時は、2枚重ねて脱いでそのまんま。


そのTシャツは首まわりやすそが、すぐに汚くなってベローンと伸びる。


汗を拭くのも鼻水をこするのも、汚れた手もTシャツで拭くからだ。


タオルは絶対に使わない。


「だって、めんどくさい」からだ。


カリカリしても通じない!


ママは「なんでこんなこともできないの?」とカリカリする。


なんて片づけないの!


「またすぐ散らかるのにめんどくさい」


今日は公園でなにをして遊んだの?


「う~ん、忘れちゃった(めんどくさいと言うと怒られるからな)」


男の子が「めんどくさい」と感じる範囲は、びっくりするほど広い。


わたしたちにとっては楽しみなこと、たとえば洋服選び、買い物、おしゃべりなどを「めんどくさい」と言われた時
は、「まあ、男の子ってそんなもんかな」で済む。


問題は、やらねばならないことまで「めんどくさい」で片づけられてしまうこと。


生活習慣や勉強はその代表だ。


これらを身につけさせることを「しつけ」という。


子育てでは大切なことだ。


だから必死になって「ああしなさい」と教えるが、男の子の「めんどくさい」反撃パワーは強烈だ。


その結果、ママは「〇〇〇しなさい」と毎日、同じ言葉ばかり繰り返してイライラ。


やがて怒ってばかりの自分の姿に「ほめて育てなくてはいけないのに」と落ち込んだりする始末。


どうしたらいいんだろう。


答えはすごくシンプルだ。


男の子はもともと「めんどくさい星人」だから、地球の常識を身に付けるのはむずかしいと知っておくこと。


だから、男の子のしつけは、怒らず、落ち込まず。


繰り返し、繰り返す、繰り返すしかない。


今はTシャツや部屋の汚れなどどうでもいい彼らが、いつかは「めんどくさいけれどやらなくちゃ」と思う日が来る。


彼女が遊びに来る日に「ママに言われていたように部屋を掃除しよう」と男の子が思えたら、しつけの効果あり。


男の子のしつけは10年後が達成目標だ。


先は長い。


このページのトップヘ